株式会社メディコンフィア ごあいさつ 

療養型病床群(病院)≪長期入院≫から、

高齢者・障害施設への移行が進んで20年近くになります。

それに伴い医療・福祉も施設に対して

質の向上が問われるようになってまいりました。

 

しかしながら、特に医療は常勤の医療従事者の確保が困難な事が現状です。

そこで、私達は薬品について24時間管理・相談のできる施設調剤薬局に特化し、施設従事者の不安を取り除き、なおかつ24時間医師との連携の中で行える敏速な対応こそが、私達の施設様に対する最大のアプローチです。

 

私達は、もてるすべてのノウハウを注入し、最良の薬剤業務を提供できると思っております。一度、私達にお手伝いさせてください。

株式会社メディコンフィア 代表取締役 山村 幸久

株式会社メディコンフィア

代表取締役  山村 幸久



 

 

●こんなことでお困りではありませんか?

 

 

利用者さまごとに 違うお薬。

   しかも、朝昼晩 毎回違う内容… 管理が大変です(>_<)

 

 突発的な風邪やインフルエンザなどの時、

   すぐに対応するのが難しい

 

 服薬の知識があまりないスタッフが多いけれど

   服薬(医療)事故を予防したい 

                      ・・・など 

 

こんなことでお困りではありませんか?

メディコンフィアは そんな 施設さまの お困りごとに ひとつひとつ向き合い、

少しでも安心して にお仕事をしていただけるよう
施設型調剤など、様々な取り組みをしています。

 

 

 

 

~施設型調剤について

 

◎施設型調剤とは、介護施設薬剤師き  院外処方箋など お薬全般に関する管理をすることです。 

                        ※有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅・グループホーム・特別養護老人ホーム・ケアハウスなど

 

施設型調剤を取り入れていらっしゃる施設数はまだ多くありませんが、
薬剤師が高齢者や身体障害者の施設に伺い、医師や看護師と連携し、薬の専門家の立場から
入所者の方にとって一番適切なお薬の使い方管理の方法を提案する新しいシステムです。


 

 


 

~施設型調剤の今後における役割~

 

高齢者の精神疾患は介護施設の方々にとって大きな負担。

その緩和のためには 薬は大きなポイントとなります。

 

 『薬剤師・薬局は何をするべきか?

                                    どんなことができるか?』

 

その分野に強い製薬メーカーとの関係強化、

大学薬学部との共同研究など・・・

お役に立てる未来のために 様々な活動をしています。